Mamiko Maridianna
天使と女神のセラピスト
マリディアナ万美子
www.mamikomaridianna.com
Terakado Takayuki
画家、寺門孝之氏
www.terapika.com
Natural Spirit
カード発売元
株式会社ナチュラルスピリット
www.naturalspirit.co.jp


人生に愛と幸せを呼ぶ「エンジェル・カード」


つらい時、このカードを使って天使と話してみて。
天使はいつもあなたをサポートしてくれています。

カード好きの女の子なら、一度は手にとったことがあるオラクル・カード。
特にエンジェルは大人気のモチーフでいろんな種類のカードが出ています。
そんな中、最高に可愛いエンジェル・カードが誕生いたしました!!

先駆的な天使画家である寺門孝之氏の透明感あふれる、光り輝く天使の絵と、
国内外で活躍する天使と女神のセラピストのマリディアナ万美子の
ヒーリングメッセージが生み出した、 みんなが「絶対に欲しい!」と思う、
エンジェル・カードです!

「遊びの天使」「ビジネスの天使」「ユーモアの天使」など、独創的で愛らしい44 の天使達が、
カードを通じてメッセージを届けます。

 



エンジェル・カード

あなたを愛する天使たちからのメッセージ

新しい始まりの天使
遊びの天使
なぐさめの天使
新しいことが始まる時です。
ワクワクしながら
進んでいきましょう。
踊ったり、歌ったりして
遊びましょう。
天使はあなたの気持ちを
わかってくれています。

 

お客様の感想1

もう、このカード、とってもかわいくて、気持ちがうきうきするし、箱の裏のデザインもかわいい!!
しかも、箱の内側の紙の色がとてつもなく天使っぽくて大感激でした。
使ってみた感想としては、とにかくわかりやすい!
最初、ネット上でカードを見たときは、シンプルすぎて私には読みきれないのでは?と心配したのですが、
なんのなんの!
天使のイラストもメッセージもとてもわかりやすく、どんどんメッセージを受け取ることができました。
しかも、やっぱり日本語のメッセージはわかりやすい!
(るちあさん)

現物の絵が本当に綺麗で、引き込まれました。
そして、日本語のカードがこんなにも使いやすかったとは思いませんでした。
メッセージがシンプルで、ダイレクトに入ってきますね。
(Lisさん)

天使画の寺門 孝之さんの描く天使たちもとても素敵で、 サンプルで見た時から 
早く手元の欲しいなぁ~と待ち望んでいました。
そしてなんと言っても 日本語のメッセージとてもわかりやすい。

海外のエンジェルオラクルカードは 日本語解説書も付いていますが、
カードに書いてある言葉はすべて英語なので 英語があまり得意ではない私は、
最初は覚えるまで何度も繰り返し使っていきます。

万美子さんのエンジェルカードは カードのキーワードが日本語ですし、 誰でも手軽に使えるカードです。
でもカードから放つ天使のエネルギーを強く、 感じることもできるので、
カードからたくさんのメッセージを受け取ることもできます。

初心者から上級者まで使える素敵なカードだと思います。 私はカードが側にあるだけで とても癒されます。  天使の愛と癒しのエネルギーが伝わってきます。
(kaoruさん)



「エンジェル・カード」の特徴


特徴1 

最高に可愛らしい天使画は、 全描き下ろし!

44枚のカードに描かれている天使画は、マリディアナ万美子の天使からのメッセージに合わせて、
すべて寺門孝之氏が描き下ろしたものです。

メッセージにぴったり合った天使画により、あなたはリーディング時にインスピレーションを
より受け取れることができるでしょう。

 

特徴2 

日本語だから分かりやすい!

44枚のカード上のメッセージが日本語で書かれているので、日本人にとってとても優しいカードです。

解説書を開かなくても、カードをめくった瞬間にカードの意味が分かります。

 

  星の天使

星の天使とは、
自分の可能性を信じ、
限界の枠を超えて、
夢に手を伸ばすことを
助けてくれる天使です。
あなたが持って生まれた
神秘的な能力の
開花も助けてくれます。


(エンジェル・カードの 解説書より)

特徴3 

天使のことをもっと学べる! 


44枚の各カードには、
天使の名前が書かれており、
解説書には、各天使の役目が説明されています。


たとえば、「星の天使」は、
こんなふうにあなたをサポートしてくれます→

各天使の役目を知ることにより、
あなたはより天使との助けを得ていけることでしょう。


 



エンジェル・カード著者プロフィール

 

エンジェル・カード【絵】担当: 寺門孝之 氏

画家・神戸芸術工科大学教授。

大阪大学文学部美学科卒業後、セツ・モードセミナーにて 長沢節氏に師事。
デジタルコンテンツ制作会社勤務を経て、 画家として本格的に始動。

光り輝く天使や妖艶な夢物語の世界を描いて 人気を得る。
展覧会をはじめ、書籍の装画、絵本、 ライブペインティングなど幅広く活動。

1985 年に第6 回日本グラフィック展大賞受賞。

2008 年より常設展示スペース 「寺門孝之ミュージァム@表参道LEMONTREE」開設。

『天使のカレンダー』等著書・共著書多数。

* 公式ホームページ“てらぴかのえんがわ”

 

エンジェル・カード【文】担当: マリディアナ万美子 

天使と女神の愛を伝えるオラクル・セラピスト。

夢の中に突然、天使が現われたことから、 天使、女神と話しができるようになる。

のちに、オラクルカードの作者として著名なドリーン・バーチュー博士に学び、
公認のエンジェル・セラピー・プラクティショナーATP®となる。

パートナーであるディビット・バウワーと共に開発した
人生を癒し、愛と幸福を得る レムリアン・ヒーリング®》の創始者でもある。

日本各地で独自の認定コースを開催し、質の高いセラピスト、ヒーラーを育成中。

日本、ヨーロッパ、アジア、アメリカ、オーストラリアなど世界中に個人セッションのファンを持つ。

「エンジェル・カード」の著書の他、翻訳本に『イェシュアからの手紙』がある。

ハワイ在住

*公式ホームページ http://www.mamikomaridianna.com/

 

お客様の感想2

このカードをはじめに手にしたときに、思わず「かわいい~!」と叫んでしまいました。
寺門孝之さんの絵は本当に優しく、まさに天使の光を放っています。
メッセージも他のオラクルカードにはないメッセージが多いのですが、
日本語のメッセージで書かれているのでなじみやすく、
オラクルカード初心者の方にも一枚使いで毎日のメッセージを受け取るのにもあっていると思います。
また、プロの方のリーディングには、クライアント様の抱えている問題を引き出すのに役立つのではないかと思います。
とにかくかわいくて、毎日引きたくなってしまうカードです。
毎日引いて、一枚を飾っておくのもいいかもしれません。
(norikoさん)

エンジェルカードってたくさん出ているけど、日本語のものって ないでしょ
(翻訳って意味じゃなくて全てが日本発なもの)
このカードは一枚一枚に、日本語でのシンプルなメッセージがついています。

もちろん解説書にももっと細かく書いてありますけれど、カードをリーディングするときって、
まず最初にピンと感じた直感がとっても大切。

その点 万美子さんの書かれたメッセージは、 シンプルでありながら 愛にあふれていて、
リーディングの時も余計な頭を使わなくて良いので(笑) 良い感じに直感も働いてくれます。

しかも寺門孝之さんの描かれた天使達の絵も とっても可愛いし、
「ユーモアの天使」なんて ヒゲちょびんのおチャメな絵柄もあったりして、
私たちを 愛を持ってサポートしてくれる天使さんたちがいっぱい。

きっと色々な場面で 色々な天使たちが、 愛とサポートを送ってくれているのを 感じられることと思います。
(EMUさん)



エンジェル・カードの使い方


リーディングの方法は、何通りもあります。
ここでは、初心者の方でも楽しめる基本的なリーディングの方法を3つご紹介します。
カードの詳しい意味は、ガイドブックの各天使のページを参考にしてください。


天使からの今日のメッセージ

今日のあなたに必要なメッセージを、カードをとおして天使から受け取る方法です。

1.「天使さん、今日の私へのメッセージをお願いします」と言って、 カードを切ります。
2. 直感に従って「これで良し」と感じたら、止めます。
3. 一番上にあるカードを1枚、絵柄を上にしてめくります。 




これが、天使からあなたへの今日のメッセージです。

 

天使に特定の質問をする1枚カード・リーディング

天使に質問し、カードを1枚だけ使って答えを受け取る方法です。
「恋愛に対するアドバイス」、「全体運」など、あなたが聞きたいことを質問することができます。
自分に対しても、他者に対してもこの方法で行うことができます。


1. 質問を決め、天使に質問をします。 質問は声に出しても、心の中で行っても構いません。
2. カードを切り、直感にしたがって止めます。





一番上にあるカードが、質問に対しての天使からの答えです。

 

過去、現在、未来を見る3枚カード・リーディング

3枚のカードを使用する方法で、 過去や現状を読むことにより、
このまま行けばどのような未来に発展する可能性があるかを見ることができます。


1. 質問を決め、天使に質問をします。 質問は声に出しても、心の中で行っても構いません。
2. カードを切り、直感にしたがって止めます。
3. 一番上から順番にカードを3枚、1、2、3の順番に絵柄を上にして並べます。


     
【1 近い過去】  【2 現在】  【3 近い未来】 を示します。

カードの意味は、質問の種類や状況によって変わることがありますので、「意味のバリエーション」の項目も参考にしてみてください。

意味のバリエーションを活用することにより、それぞれの状況に合ったより正確なリーディングを楽しむことができます。

 

お客様の感想3

最初に、手にとって、カードを見た印象ですが、 明るくて、可愛い~って感じでした。
やっぱり、光のカード!って、思います!
44枚の天使のイラストは、すべて、天使画家の寺門孝之さんが、 描きおろした天使なので、
統一感があるので、私の今まで、使っていた オラクルカードと違い、
すごく、全部のカードから、伝わるものがあります。
(ミカヨフィエルさん)

英語のカードも良いのですが、カードの解説は、キリスト教文化圏の欧米人向き だったと思います。
(今思うと日本語訳がついていても、ストンと納得しにくい場合があるような)

例えば、字幕のついている洋画を見ているような感覚でした。
同じ映画を見ていても、実際に表現されている言語そのもので理解できる人と、
文化も 言語も違う人だと、笑う箇所とかが違って「あれ?」みたいなところがありますよね。

でもこのカードは、解説も日本語だし、イラストも日本人です。
だから、そう言った「言語や文化の違いによる壁」によるズレはありません。

ふんわりとした色合いで描かれていてとても可愛いし、 見ているだけでも心が和みます。
外国のカードだと「圧倒的な存在感と気高さ」が勝りますが、
このカードは「可愛らしさと 親しみやすさ」が勝ります。

いつもそっと傍らにいてくれる家族や親友みたい。
語りかけるようなメッセージも、今までにないような優しい愛に溢れたカードです。
解説も本当に丁寧に書かれているので、エンジェルカードの初心者の方にもお勧めです。
(ひかりさん)

 

エンジェル・カード誕生物語

エンジェル・カードが生まれるまでのストーリー

 

こんにちは。
「エンジェル・カード」、著者のマリディアナ万美子です。


「エンジェル・カード」の公式ホームページを訪ねて下さり、
ありがとうございます。

ここでは 、寺門孝之氏と私、マリディアナ万美子のコラボ作品、
「エンジェル・カード」が誕生するまでのストーリーをご紹介しますね。



エンジェル・カードをよりやさしく使えるために

私は、2011年の現在までに、約数百人の方にエンジェル・カードの使い方をお教えしてきました。

エンジェル・カードは、誰にでも使えて楽しいだけではなく、描かれている美しい絵が使うものの心を癒してくれる
とても素晴らしい贈り物です。

エンジェル・カードを使うと、簡単に天使からメッセージを
受け取れるので、私が開催するエンジェル・カードのワークショップは、
いつも大人気です。

でも、いつも教えながら当たる壁がありました。 それは、
日本で発売されているエンジェル・カード、オラクル・カードの
ほとんどのカード上のメッセージが英語だということです。

私は、クラスでは、いつも「解説書を見ないでリーディングをして下さい」と教えています。

でも、多くの方にとって、解説書を見なければ、カード上のメッセージが
英語なので、カードの意味さえも分からないのです。

「これでは、いけない。カード・リーディングが難しく感じてしまう・・・」

私は、カード・リーディングの人気が日本の天使ファンの間に高まるにつれて、

「日本語のメッセージが書かれてエンジェル・カードを作らなければいけない・・・」

と強く思うようになりました。


エンジェル・カードの絵はどうしよう


「日本語のメッセージが書かれている、エンジェル・カードを作りたい・・・」 という、私の思いは、
月日と共に強くなっていくばかりでした。

でも、そこで一つ、頭に浮かんだことがありました。 それは、 「カードの絵はどうしよう・・・」

エンジェル・カードは、メッセージだけではなく、絵が果たす役割はとても大きいものです。

私は、日本語のエンジェル・カードを作るにあたって、まずは、誰に絵を担当してもらったら、一番、買って下さる方に
喜ばれるだろうか・・・と考えました。

その時、一番、最初に私の頭に浮かんだのが、天使画家で有名な寺門孝之さんでした。

私は寺門孝之さんとは、一度も面識はなかったのですが、彼の絵とは、とても神秘的な出会いを以前にしていたのでした。

生まれて初めて手にした天使の絵が、寺門孝之さんの絵でした


私が初めて天使と出会ったのは、2001年の2月の初めでした。

それまでは、私は、天使のことを考えたことさえもありませんでした。

そういう存在が、確かに聖書には書かれているが、それは、おとぎの世界のことであり、私には関係のないものであると思っていたのです。

ところが、ある朝、夢の中に突然、大天使アリエルが現れて、夢の中でいろいろなことを言うのです。

そして、言われたことが、後で、現実の中で本当に起っただけではなく、次々と天使が降りてきて、私に話しかけてくるようになったのです。

そんな時、ある友人からプレゼントされたのが、寺門孝之さんの天使の絵葉書でした。

私は、初めて寺門さんの天使の絵を見たとき、その美しさと愛らしさにとても惹かれました。
絵葉書に書かれている天使が光、輝いて見えました。

私は、その天使の絵葉書を、写真立てに入れ、大事に飾り、その時から時々、絵の中の天使と会話をするようになりました。

そのすぐ後に、今度は、私の妹が、寺門孝之さんの「天使のカレンダー」 を
プレゼントしてくれました。

立て続けに、贈られてくる寺門孝之さんの天使の絵に
「何か意味があるんだろうなぁ・・・」 とは、感じていましたが、
まさか、彼と一緒に「エンジェル・カード」をその後に作るとは、 そんなことは、
夢の夢で、その頃は、まったく頭にかすりさえもしませんでした。

2001年の天使に出会ったまだ間もない頃の私でした。

恐れも天使と一緒に乗り越えて・・・


私の中で、日本語のエンジェル・カードを作る思いが強くなるに従って、カード上の絵は、やはり寺門孝之さんに
お願いしたいという思いが固まっていきました。

でも、寺門孝之さんと一緒にカードを作りたいと思えば思うほど、私の中に大きな恐れが持ち上がりました。

それは、 まったく面識もないのに・・・ 芸能人の本のカバーをいくつも担当されているあんな有名な先生が
私のカードの絵を担当して下さるだろうか? という恐れでした。

そして、有名な画家と一緒にエンジェル・カードを作るという、そんな素晴らしいことが、私に起こるのだろうか? と願いが現実化することを信じることができなかったのです。

私は、ずっとワークショップや、個人セッションでは、
「夢は叶いますよ。どうやってという方法は、天に任せましょう」 と、言っておきながら、
自分も大きな壁にぶち当たったのです。

私は何度も何度も祈り、瞑想をし、夢が叶うエネルギー・ワークをしました。

何度祈っても、希望が持てず、涙したこともありました。

でも、そんな時、大天使ミカエルがこう言ってくれたのです。

「あなたの願いは、叶います。
少しづつでいいですから、今、やっている夢が叶うエネルギー・ワークを毎日続けて下さい」


私は、そうミカエルに励まされて、ダメでもともとと思いながら、毎日のように夢が叶うワークをしていきました。

「夢が叶う!」と感じた瞬間!

2009年の1月。いつものように夢を叶えるワークをしていたら、あることが起こりました。

それは、 何かがカチっ!と音を立てて、あるべき所に物が納まるように、
私の心の中で 「あっ、これで夢が叶った!もう、このワークはしなくてもOK」 と思えたのです。

そして、ミカエルが現れ、こう言ってくれました。

「あなたの夢は叶います。
あなた自身の準備は整いました。
あとは、時と条件が叶うのを、ただ待っていて下さい」

私が、

「ミカエル、本当に私は、何もしなくてもいいの? 寺門さんに会いに行ったり、
出版社を探さなくてもいいの?」

と聞くと、ミカエルは、

「はい、何も一切する必要はありません。 ただ、待っていて下さい。
でも、私が合図をしたら、ピンときたことを行動して下さい」

と言うのです。 私は、心からミカエルのことを信頼し、ただ待つことにしました。

今までにミカエルがそう言った時は、必ず物事が成就したので、
(何を隠そう、私の夫のディビットもミカエルが連れてきてくれたのです)
私は、心からミカエルを信頼するようになっていました。

運命の時が来た!

それから約半年後の夏。 私はナチュラル・スピリット社の主催で、東京の渋谷で
オラクル・カードの認定コースを開催する予定にしていました。

はっきり覚えているのですが、その時、日本に向かってたつ前に、

「今度の来日ワークショップでは、どんなことがありますか?」

と聞いて、オラクル・カードを引きたら、出たカードは、

「今回の旅行は、あなたの人生を変えるものになるでしょう」


私は、どんなことが起こるのか、ワクワクしながら、ハワイをたったものでした。

オラクル・カードの認定コース3日目、最終日の前日、東京では珍しく虹が空に掛かりました。しかも、ダブルで!


虹が空に掛かるときは、多くの場合、天使からの良きサインです。

私は、何があるのだろうと心、ドキドキしました。

翌日、認定コース会場に着くと、受付に置かれていたのは、寺門孝之さんの個展の案内書でした。

彼と一緒にエンジェル・カードをだしたいのよ!

どうして、私のオラクル・カード認定コースの受付に、
寺門孝之さんの個展の案内書が置かれているのだろう・・・? と考える暇もなく、

私の口から出た言葉は、

「私、この人と一緒にオラクル・カードをだしたいのよ!」

という言葉でした。 すると、スタッフの一人が、

「実は、寺門さんは、ここから歩いて10分ぐらいのところで個展を開催中で、
昨日と、今日の二日だけ、そこにご本人もいらっしゃいますよ。
この個展の案内書は、私が昨日、寺門さんの個展に行って、もらってきたんです」

と言うではないですか!

この時、私は、待っていたミカエルからのサインがついに来た!とはっきりと分かったのです。


そして、次は、私の行動の番でした。

勇気を持って行動へ!

私は、その日、認定コースが終了してから、そのスタッフについてきてもらって、
いそいそと寺門孝之さんの個展に足を運びました。

とても綺麗な天使画が飾られている中、寺門孝之さんが立っていらっしゃいました。

なんて、話を切り出したらいいんだろう・・・ と心配するひまもなく、 私についてきてくれたスタッフが、

「寺門先生、この方が、昨日、私が話していたハワイからお越しの先生で、天使のワークを教えていらっしゃる方です」

と、紹介してくれたのです。

彼女は、前日に、寺門孝之さんの個展を訪ねたおりに、自分がスピリチャルな出版社に勤めていて、
現在、天使のワークショップのスタッフの真っ最中であることなどをすでに寺門孝之さんに説明していたのです。

なんというお膳立てでしょうか!!!

私は、自分が誰で、何をしているものかということも説明する必要もなく、 こうしてスタッフが紹介してくれたので、
すぐに本題に入ることができたのです。

私は、あまり遠回りをせずに、単刀直入に寺門孝之さんと一緒にエンジェル・カードを作りたいという願いを伝えました。

とてもドキドキする瞬間でしたが、サインが出た時は、自分が行動しなければ、夢は叶わないと知っていたので、
清水の舞台からも飛び降りるような気持ちで聞いてみたのです。

寺門孝之さんは、簡単に、 「OK」 を下さいました!

私が、その時、どれくらい天にも昇るような気持ちになったかは、大天使ミカエルでさえ、想像できなかったことでしょう。

でも、驚きは、それだけでは終わらなかったのです

私は、自分の師であるドリーンさんのカードと同じように、私が書くメッセージに合った絵を、
寺門孝之さんの今までの天使の絵の作品の中から選ばせて頂くだけで良いと思っていたのに、

寺門孝之さんは、私のメッセージに合わせて、44の全部の天使を新たに描きおろして下さるというのです!


この宇宙からの大きな驚きのプレゼントには、私は、さらにびっくりしました。

願った以上のものを受け取ってしまったのです!!!! 宇宙は私の一歩先を行っていました!!

涙を流しながら、夢を叶えるワークをした苦労が、全部吹き飛んでいきました。

その日は、一緒についてきてくれたスタッフを連れて、祝杯を上げに行きました。 もちろん、私のおごりでしたよ☆

出版社もちゃんと用意されていた

寺門さんに夢のようなお返事を頂いた翌日、私は、その日の晩の便でハワイに帰る予定にしていました。

ハワイに帰る前に、私たちのカードを出版してくれる出版社を決めてから帰りたい・・・

私は、その日の昼、私の認定コースをその時、主催して下さったナチュラルスピリットの社長ご夫妻と
ランチをする予定にしていました。

ナチュラルスピリットと言えば、スピリチャルなワークショップの主催と、本の出版で良く知られている会社です。

実は、私はナチュラルスピリットの社長さんとは、当時、8年ぐらいのお知り合いだったのですが、
こうしてゆっくりお食事を一緒にするのは、初めてでした。

しかも、このランチにお誘い下さったのは、奥様の案で、私が予定したものではありませんでした。

出版社が一番必要な時に、出版社の社長夫妻と食事をする・・・ これは、絶対、偶然ではない・・・

でも、奥様も来られるのに、仕事の話をいきなりしていいものか・・・

でも、そう迷うことさえも、不必要でした。

奥様は、個人的な都合で遅れて来られて、私は、最初の30分を 社長さんとしっかり仕事の話に
取ることができたのです。

そして、すんなり、良いお返事をもらえ、「エンジェル・カード」の企画はGO! になりました。

本当に全ては、大天使ミカエルの言うとおり、時と条件が叶った時に行動すれば、
夢が叶う
をスイスイと体験することができたのです。

こうして生まれたのが、 寺門孝之氏と マリディアナ 万美子のコラボ作品 「エンジェル・カード」 です。

「エンジェル・カード」は、私、マリディアナ万美子にとって、夢が叶った結晶なのです。

そんな「エンジェル・カード」は、きっとあなたの夢を叶えるお手伝いもしてくれることでしょう。

 

お客様の感想4

寺門先生の絵は、自分の中の隠れていた本質の一部を引き出すようで、とても好きです。
ユーモアの天使には、思わず笑ってしまいましたとってもかわいいです。
やわらかくて、あたたかく、ピュアで、ハッピーな気持ちになるカードだと思います。
このカードで、たくさんの愛が伝わっていくのでしょうね。
外国のカードよりも親しみやすく、気持ちがハッピーになるカード ですね!
(sunさん)

箱を開けて、まずはカードを1枚1枚見ていきました。
とってもやわらかでやさしい天使の絵に心がほっこり。
ひと目みた瞬間、笑ってしまった天使がいます。
ユーモアの天使。
ヴィーナスがめがねにひげだなんて、他のカードではありえない!!
他にも、万美子さんらしい天使さんたちがいるのも特徴ですね~。
次に、ガイドブックを1ページずつ読んでいきました。
万美子さんが天使から受け取ったメッセージが、 どれもこれもとっても優しいんです。
まだリーディングもしていないのにうるっと涙が出てきそうな、あったかいメッセージばかり。
(yukiさん)

このエンジェルカードは、天使のオラクルカード至上、最も優しく、わかりやすいカードだと思います。
それはカードに書かれているメッセージが日本語であることは勿論ですが、
今まで出たエンジェルカードは、キリスト教圏のヒーラーさんが監修していたものが殆どだったと思います。

そのため、メッセージにキリスト教色が多分に出ていました。
日本人の多くには、ちょっととっつきにくいところもあったのではないでしょうか!?

本当は、(キリスト教圏のヒーラーさんも言っているように)天使は宗教に括られない存在なのです。
この『エンジェルカード』を使っていると、
あーやっと「宗教と関係のない存在である天使」のカードが出たな~と感じます。

薔薇色の頬をした天使が美しい寺門さんの絵と、 万美子さんの天使からのメッセージが、
とても優しい波動を持っていて、難しいところは何もありません。
カードに触れ、引くだけで癒されていくカードです。
(イリゼさん)